水虫に効果抜群の皮膚科治療|薬で症状劇的な改善期待

女性

実は女性に多い症状

足

水虫というと足にできる症状と思っている人が多いかもしれませんが、水虫菌は手にも感染します。もし水虫になってしまった際は、被害を拡大させないようにすることがとても重要なのです。また、水虫は皮膚の表面だけではなく、爪にも感染する症状となります。爪の隙間から水虫菌が入り込んでしまうことで感染するのですが、この水虫のことを爪水虫と言います。皮膚にできる水虫と違い、爪水虫は爪の奥から痒みが発生するので、かくなどもできず、ひたすら痒みに耐えることになります。ですから、悪化しないうちに早めに皮膚科を受診して適切な治療を受けるようにしましょう。また、爪水虫は今若い女性多くが感染している症状でもありますので、自分だけは大丈夫とは決して思わないようにすることが大切です。

若い女性が爪水虫に感染しやすい原因としては、まず履物がひとつの理由となります。ブーツなど蒸れやすい靴でも、薄手のストッキングやタイツしか履かないということがあります。その場合、どうしても水虫菌が履物の中で発生しやすくなってしまうのです。爪水虫の症状が悪化してしまうと、爪が変形したり色が変わったりしてしまうことが多いため、女性にとっては一大事となります。皮膚科では基本塗り薬と服薬での治療が一般的となりますが、個人個人に合った治療は大きく変わってきます。その中で自分に合う治療を選択することができるので、まずがは診察を受けてみることが大切です。早い段階で治療を受けることによって、改善スピードも早くなってきます。

水虫対策を徹底

女性

感染症は、自分が発症しても苦しみますが、他の人にも菌がうつってしまう事があります。中でも、水虫などの症状は、菌を家族などにうつさないためにも、マットなどを別にする必要があります。

もっと詳しく

レーザーで治療

靴

からだの健康は、日頃適度な運動を行ったり、バランスの良い食事を心がけて維持する事ができます。しかし、知らない間に爪水虫の様な病気を発症している場合があり、その場合はレーザー照射治療などを受ける必要があります。

もっと詳しく

気になる水虫症状

医者

水虫は主に足に見られる症状ではありますが、頭や手等にも症状が出る場合があります。水虫の原因は、白癬菌というカビが皮膚の角質層に感染して寄生するために起こってしまいます。

もっと詳しく